フォローする
スポンサーリンク

#75 R2ボタンを駆使すべし

シェアする

フォローする

どうもコンニチワ 🍚 デス

これが今週のスカッドになりますが、今更ながら人気のフェルナンドサントス監督にしてみています

しばらく3-4-3でのびのびやっておりましたが、サイドに偏った攻めになり、勝ち負けがはっきりしてしまうことが多かったので、中央、サイドとも攻められそうなフェルナンド氏の招聘です

しばらく続けてみて戦績はまとめてみたいと思います

レートが格上の人との違い

以前の記事にも書きましたが、自分のレートが750くらいまであがり、800を越える人達と当たるようになり気付くこと…

それは「ドリブルでのキープ」や、「ドリブルで1人をかわす」、というプレーが自分にはなくて、相手にはあるなあ、ということ

そこにはフェイントなどなど色々な操作があると思うんですが、まず始めに習得しようと思うのが…

R2ボタンを駆使しよう

普通にやっている人達からすれば、本当に「今更ですか?」という感じかもしれませんが(笑)

夢中になるとなかなか出せなくなってしまうこの操作

◼️ボールを受けるときにR2

→クッショントラップ

◼️ボールを持っている時に方向キー無しでR2

→相手のゴールを向く動き

◼️ドリブル中にダッシュせずに方向キー+R2

→ニアコンドリブル

◼️◯ボタンと同時にR2

→高い軌道のボール

この4つを丁寧にやっていきたいと思います!

上の2つと高い軌道のボールの使い分け、はわりと意識してやっているので、特にいまからチャレンジしたいのは、ニアコンドリブルになります

なかでも具体的にものにしたいのが2つありまして

①相手のペナルティエリア付近中央で、裏抜けする味方にフラスルを通すために時間を作る”タメ”の引く動作のニアコン

②相手のペナルティエリア付近サイドで、1人をかわして選択肢を増やすドリブルの横動作で使うニアコン

文字での説明になるので、伝わるかどうか心配ですが、この2つのニアコンドリブルを果敢に挑戦していきたいと思います!

まずは、無意識・自然にでるように反復しまーす!

それでは今回はこの辺でサヨウナラ~

気軽にコメントなどお願いしまーす

スポンサーリンク
アーカイブ
スポンサーリンク