フォローする
スポンサーリンク

#119 バスドストという男

シェアする

フォローする

どうもコンニチワ ライス🍚です

バスドストという男…

この男をどうしても輝かせたかったんです…

これは私の可愛いFPバスドスト…

スポルティングのクラブセレクション2回目で選出されたFPバスドストです

手塩にかけて育成いたドストの能力を刮目せよ♪

FP バスドスト

※コントロールカーブはスキルトレーナーよる

見よ!

このストライカーになるために生まれてきたと言わんばかりの能力!!

屈強の中の屈強!!

◼️みなぎるオフェンスセンス

◼️確実に射止める決定力

◼️制空権は渡さない空中戦の強さ

◼️岩山の如きフィジカル

そして、ドストの特徴が詰まった記事を引用します

2018/4/17 Qoly.より

今季43試合で32ゴールを叩き出している彼は、スポルティング移籍後の84試合で68得点という凄まじい得点力を見せている。

そのドストの“タッチ”が話題になっていると、『Telegraaf』や『The Sun』が伝えていた。一体どういうことなのか…。話題になっている直近のゴールがこれ。

Passe extraordinário de Bruno Fernandes para o holandês na frente, este domina e atira rasteiro para o fundo da baliza de André Moreira. Está feito o empate.

これは第30節ベレネンセス戦での得点。ロングボールを見事なコントロールでシュートを打てる位置に“置き”、冷静にフィニッシュするという形だった。

話題になっている点は、ゴールを決める前に“タッチ”があったこと。

なんでもドストが昨年3月以降に決めてきた45ゴールは、全てワンタッチだったというのだ。

ヘディングでの得点も多いほか、もともとボールタッチが多いタイプではないが、なんという『ワンタッチストライカー』だろうか…。

さらに、ドストはスポルティングでの全68ゴールのうち、ワンタッチではないものはわずか4つしかないという。

冷静なトラップからのシュートが驚かれてしまうほどの、驚異のワンタッチストライカー!!

ウイイレでも、FPながら上記の能力に、ワンタッチシュート、アクロバティックシュートのスキルもしっかり持ち合わせています!

輝かないはずがない!

勝利をもたらせてくれないはずがない!

ってことで、ドストが調子が良かった3週ほど

ドストを軸としたスカッドで大暴れしてみせる

制空権を制する

しかし彼も人の子…

負けることもある…

それでも、しっかり得点を上げ

しかし、彼も人の子…

うまくことばかりじゃない…

ポストプレーが彼の持ち味

しかし、彼も人の子…

ミスだって…

そしていつの間にか…

気がつけば…

レートが大いに落ちました…(笑)

輝かせられなかった僕が悪い!

次こそは輝いせてみせます!

それでは今回はこの辺でサヨウナラ~

スポンサーリンク
アーカイブ
スポンサーリンク