フォローする
スポンサーリンク

イラスト#12 モドリッチ

シェアする

フォローする

どうもコンニチワ ライス🍚です

今回は2018にバロンドールを受賞した、クロアチア代表🇭🇷のモドリッチ選手のイラストをご紹介します

こちらは、TPもされているhitomi323さんに描かせて頂いたものです

折角ですので、バロンドールに関する記事を引用させて頂いてからイラストをご紹介します

「昨年は彼の年」…イブラがモドリッチを称賛「世界で最も完成されたMF」

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、レアル・マドリード所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチを称賛した。

モドリッチは2018 FIFAワールドカップ ロシアでクロアチア代表の中心選手として活躍。主将としてチームを準優勝に導き、大会の最優秀選手に選ばれていた。また、所属するレアル・マドリードでもチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献し、バロンドールやUEFA(欧州サッカー連盟)とFIFA(国際サッカー連盟)の年間最優秀選手賞も受賞していた。

イブラヒモヴィッチはモドリッチについて以下のようにコメント。同選手の持つ戦術眼やテクニックを称賛し、昨年の活躍ぶりを称えた。

「モドリッチは世界で最も完成されたMFのひとりだ。試合運びと試合を読む力には驚かされる。ボール扱いも素晴らしい。かなり前に対戦したことがあるけど、彼はまだ若かった。でも今は経験豊富だ」

「彼がバロンドールやW杯の最優秀選手賞に選ばれて嬉しかった。サッカー選手にとって、このような賞をもらえるのはよくあることではない。そして、大抵はストライカーのものになる。2018年はまさにモドリッチの年だった。俺と母はクロアチアにルーツを持っているから、彼の受賞は同じ民族として嬉しいね」

※サッカーキング 2109/2/16 より引用

「説明できないほどの感動が…」今年のバロンドールはモドリッチに決定! メッシとC・ロナウドのマッチレースに終止符

現地時間12月3日、フランスの老舗サッカー専門誌『France Football』が主宰するバロンドール受賞者が発表され、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが初の栄誉に輝いた。

2018年のモドリッチは、まさしく受賞にふさわしい好成績を残した。所属するマドリーで前人未到のチャンピオンズ・リーグ3連覇に大きく貢献すると、今夏に行なわれたロシア・ワールドカップでは、クロアチア代表の中心選手として母国を史上初の準優勝に導いた。

その活躍ぶりから今年はすでにUEFA年間最優秀選手賞、FIFA年間最優秀選手賞FIFAを手にしていたモドリッチ。33歳というキャリアの晩年にして個人賞三冠を達成することとなった。

受賞を受けてのスピーチで、モドリッチはその喜びを素直に表した。

「これは唯一無二の感情だし、何よりも誇り高いよ。説明するのが難しいくらいの感動が襲ってきている。まずは、みんなへの感謝を伝えさせてほしい。レアル・マドリーのチームメイト、監督、クラブで働く全スタッフ。そして、クロアチア代表のチームメイト、監督。そして家族、妻、子どもたちに。

すべての子どもたちが夢を持っている。僕の夢は偉大なチームでプレーして、トロフィーを勝ち取ることだった。バロンドールを手にすることも夢だった。だから今日、このトロフィーを勝ち取れたことは誇り高い」

同賞は『France Football』誌が選定した世界のサッカー記者たちの投票によって決まる、年間最優秀選手の称号だ。かつてはヨーロッパ出身者のみが選考対象だったが、その後、EU圏外の選手に資格が与えられ、さらには世界中の選手へと対象が広げられた。

名実ともに世界最優秀選手を決める伝統のアウォードとして定着している同賞だが、2008年からはクリスチアーノ・ロナウドとリオネル・メッシがマッチレースを展開。一部では結果が公正ではないという意見も噴出していたが、今年は2007年にカカが受賞して以来、11年ぶりに二人以外の受賞者が誕生することとなった。

※サッカーダイジェストweb 2018/12/4

こちらの写真をモチーフにしました

それでは今回はこの辺でサヨウナラ~

スポンサーリンク
アーカイブ
スポンサーリンク