フォローする
スポンサーリンク

◼️レベルトレーナーと経験値の関係を検証してみた

シェアする

フォローする
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK4) ジェット・ブラック
価格:6135円(税込、送料無料) (2019/5/10時点)

どうも コンニチワ ライス🍚です

今回は素朴な疑問を、地道な集計によって検証してみようと思います!

読めない経験値ボーナス

こちらのレベルトレーナーによる育成…

FPで登場した若手選手をなるべく早く育成したいものです…

しかし、そうそうレベルトレーナーとなる選手を産み出すのは容易ではありませんよね…

なるべく効率よくレベルを上げたいものの、経験値にはトレーナーにする選手によってボーナスがついたり、つかなかったり…なかなか読めません…

そこで今回、約300サンプル程のデータをまとめましたのでご紹介させて頂きます

別ポジション+別プレースタイル

1番意外だったのがこちらの結果になります

レベルを上げたい選手に、別ポジションで異なるプレースタイルのトレーナーで育成した場合…

例を上げれば、CF(ラインブレーカー)の選手に、RSB(攻撃的サイドバック)のトレーナー…のような場合です

ボーナスはほとんど貰えないものと思い、ほとんど実施したことはありませんでしたが、40%近い確率で、基本的経験値+αが獲得できるという結果でした

平均で基本的経験値の1.87倍

最大で基本的経験値の9.68倍

ポジションやプレースタイルが異なってもレベルを上げたい選手にトレーナーを注ぎ込むという選択肢は大いにありそうですね

同ポジション+別プレースタイル

期待よりもボーナスが伸びなかったのがこの、同じポジションのトレーナーを育成に当てた場合です

別ポジション+別プレースタイルと同じように60%近くはボーナスが無いという結果でした

平均で基本的経験値の1.53倍

最大で基本的経験値の2.40倍

データ的には、別ポジション+別プレースタイルより劣りますが…サンプリングの偏りの関係も影響すると思いますので、もっと沢山のデータを検証すれば、ほぼ同等という結果になっていくのではと予想します

同ポジション+同プレースタイル

ポジションとプレースタイルが同じ場合は集計を始める前の感覚的にも、ボーナスが多い印象がありましたが、まさにその通りの結果が得られました

“そのまま”の場合は、上の2パターンと同程度ながら、基本的経験値の5倍以上、10倍以上となる確率が上昇していますね

25%近い確率で基本的経験値の5倍以上獲得できるようです

平均で基本的経験値の3.01倍

最大で基本的経験値の12.56倍

レベルを上げたい選手が決まっていれば、同じポジションで同じプレースタイルの選手を確実にトレーナーに使う事が効率をあげる手段になることは間違いなさそうです

同一選手

表示される基本となる経験値に対して、50%以上の確率で5倍以上25%近い確率で10倍以上の経験値が貰える結果となりました

しかし、ごく稀ーにボーナスが無いという残念な結果もあるようです

それでも、1番レベルをあげるのに効率が良いことには間違いなく

平均で基本的経験値の8.25倍

最大で基本的経験値の56.25倍

という集計結果が得られています

一気にレベルMAXになるのは同一選手をトレーナーにした時のみだと思いますし浪漫がありますね

まとめ

もう少しサンプル数を増やして統計の精度を上げたいと思いますが…

今回の結果では、同じ選手をトレーナーにする以外では、ポジションとプレースタイルが同じでなければ大きなボーナスは望めないという結論が得られました

また、サンプル数は少ないながらに同じ国籍や同じ所属チームについても検証しましたが、別ポジション+別プレースタイルの場合と大きく変わりませんでした

心残りなのは、”同じプレースタイルのみ”の場合をしていないので改めて集計してまたご報告させて頂きます

ご満足頂ければ、拡散をよろしくお願いいたします🍚

スポンサーリンク
アーカイブ
スポンサーリンク