フォローする
スポンサーリンク

#167 ニコラ・ペペの能力を予想してみる(ウイイレ2020)

シェアする

フォローする

どうも コンニチワ ライス🍚です

ウイイレ2020の発売、そして体験版のリリースが近づいてきておりますが…

ワクワクしながら待ちわびようと思いまして、個人的に好きな選手を中心に、2020における能力を予想(願望)してみたいと思います

今回はニコラ・ペペ、コートジボワール代表のアタッカーでリール(リーグアン)に所属しています

my club note #131 ◼️リール所属のコートジボワール代表RWG ニコラペペをご紹介◼️ビッグクラブも注目のドリブラーの育成後の能力も掲載しました◼️

2018/2019シーズン

得点:22 (PK-9)

アシスト:11

出場試合:38 (37starting member)

出場時間:87 (min/game)

リール(2位)

22-9-7 (勝-分-負)

68-33 (得点-失点)

MF チアゴメンデス、GK メニャンと共にチーム躍進の立役者と言える活躍をみせ攻撃を支えました。得点はムバッペに継ぐリーグ2位で、アシストも11記録し、こちらもリーグ2位の好成績。PKによるゴールが9ありますが、チームのゴールのうち50%近い得点に絡んだことになり絶対的エースと言える圧巻の数字ですね。

監督は、この活躍ぶりに「ペペの移籍は免れないし、ステップアップして欲しい」とも取れる発言をしているようです…そして以前から強豪クラブが狙っているとの噂もされていますが、現時点では(2019.7.11)はっきりしていませんね…リールがCLしますし、チモシーウェアの獲得が決まったとの報道もあったので、その辺がどう影響するのでしょうか?

(7/28 サッカーキングより移籍の最新情報)

アーセナルはリールに所属するコートジボワール代表FWニコラ・ぺぺ獲得に迫っているようだ。『BBC』や『スカイスポーツ』など複数メディアが27日に報じている。

現在24歳のペペは昨シーズン、リーグ・アンで38試合に出場して22得点11アシストをマーク。リーグ2位へと躍進する原動力となったペペには、マンチェスター・Uやパリ・サンジェルマン(PSG)、ナポリら多くのビッグクラブが関心を示していると報じられてきた。

『BBC』などは「アーセナルがニコラ・ペペ獲得で合意した」と一斉に報道。移籍金は8,000万ユーロ(約97億円)になる見込みだという。また、アーセナルはコートジボワール代表FWウィルフレッド・ザハにも関心を示していたが、ペペの移籍により、ザハのアーセナル加入の可能性は低くなる模様だ。

以下、勝手ながら2020でのペペの能力を予想してみました!

1発でレアリティーブラック(黒玉)までアップして欲しいところですが、ケインやムバッペなども1度総合値83~84で足止めされて、その後の活躍で85を越えたように記憶していますので、レアリティーゴールド(金玉)止まりかなーと思っています

ただ、期待を込めて総合値85超えるのパターンも予想しておきます

オフェンスセンス、決定力、ショートパスあたりが大きく上がると思われますし、新たなパラメーターの「ボールキープ」は評価高くなきゃダメですよね~

あとは、プレースタイルが「チャンスメーカー」になったり、スキルに2020から加わる「スルーパス」あたりつくのではと、甘めの予想を勝手にしています(笑)

ご意見などあれば気軽によろしくお願いします

それでは今回はこの辺でサヨウナラ~

スポンサーリンク
アーカイブ
スポンサーリンク