フォローする
スポンサーリンク

#180 FP獲得リポート

シェアする

フォローする

どうもコンニチワ、ライスです

またまた木曜日、またまた世間を騒がせるニュースが舞い込んできましたね!

新種の生物が、各地でで発見されたとのこと。

まだ発見から間もないため、正式名称は決まっていませんが、和名と英名で仮称が付けられましたので、それぞれご紹介させて頂きます。

和名:鈴鳴都市馬(英名:ベルナルドシウヴァ

馬なのかロバなのかその先祖は判然としないが、都市部で家畜として飼われてきた改良種であるらしい。風貌もさることながら一番の特長はベルを鳴らしたかの如く響き渡るその鳴き声である。初めて聞く人は教会の鐘が鳴っていると勘違いするほど。ニワトリ同様に夜明けを告げる家畜として重宝がられているそうだ。ポルトガルにて誕生したとの記録が残っているものの、はっきりとしたことはまだ分からなとは言え、いままで公にされなかったことがとても不思議な生物ではある。現在では、イングランドのマンチェスターにて飼育頭数が増えているとのこと。

和名:針毛(英名:ハリーケイン)

ハリネズミに良く似た風貌をしているがその生態はまだ良くわかっていない。以前から都市伝説的に語り継がれていたものの発見には至らず。しかし、ハリネズミの人気と共に目撃情報が増え、今回撮影に成功した。インスタ映えという流行もあり、ハリネズミと思い込んで抱きかかえ写真を取ろうとする女性がいるようだが、針毛(ハリーケイン)と分かったときの顔と言えば…想像に難くないはず。顔つきからか、若い個体であってもそうは見られないという可哀想な一面はあれど、一度決めたパートナーとは一生添い遂げるという一途な部分もあるということだけは分かっているので報告しておく。

和名:舌茶(英名:ベロッティ)

新種の細菌である。感染力は強くないが、いったん勢いに乗せるとなかなかその繁殖を抑えるのが難しい。舌の上に緑茶様の斑点が広範囲に拡がる症状として現れるのが特徴である。数年前からイタリアのトリノを中心に猛威を振るっている。同じイタリアのナポリや海を渡ってイングランドにおける被害も噂になりつつも今のところトリノでの被害のみが信頼できる情報のようだ。

とまあ、久しぶりに妄想を膨らませましたが…(笑)

はじめてのナショナルチームから選ばれたFP選手

ベルナルド・シウヴァ

ハリーケイン

ベロッティ

これらの選手を獲得しました!

欲を言えばキリがないですが、幸先の良い獲得だったと思います!

改めてスカッドのご紹介はしたいと思いますが、今回はこの辺でサヨウナラ

スポンサーリンク
アーカイブ
スポンサーリンク