フォローする
スポンサーリンク

eFOOTBALL2022を待ちわびる

シェアする

フォローする

eFOOTBALL2022配信はじまる

eFootball™ 2022 Launch Trailer

コナミの人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン』を前身とし、基本プレイ無料で大幅に内容を変えて、2021年9月30日に遂にリリースされましたね。

今までのFOXエンジンに変えてUnreal Engineをベースとした次世代サッカーゲームエンジンを導入し、PC・コンソール・モバイル間でのクロスプレイなども予定されているようです。(現在はPS4とps5のみ)「世界最大のeスポーツプラットフォーム」を目標として、2年前から開発が進められ、『ウイニングイレブン』の続編ではなく、進化して生まれ変わった新しいサッカーゲームという想いも込めて『eFOOTBALL』というブランドに変わったとのこと。

ウイングイレブン2020から2021への移行がアップデートで行われたのはこのためだったんですね。

ということで胸は高まるばかり…だったのですが…

※参考記事

KONAMIより2021年9月30日より配信開始となるプレイステーション5、プレイステーション4、Xbox Series X|S、Xbox One、PC(Steam)用ゲーム『eFootball 2022』のプレイレビューとプロデューサーインタビューをお届け。

まだ完全版ではない(バージョン0.9)

生まれ変わったウイイレだ!

とリリースと共にプレーを始めたのですが、自分が遊ぶ頃にはネット上は騒然としておりました…

一言で言えば、「思ったんと違う!」

という不満が大爆発、2年新作を待ったのにこれか…というのが理由なようです。

とは言え、事前に説明があればここまで混乱を招かずに良かったと思いますが、まだ完成品ではない不完全な状態のようで

よく見ると、バージョン0.9の状態

大型アップデートが予定されている11月が完成品のお披露目ということになるんですね

その内容を簡単にまとめてみます

操作面

選手の挙動がこれまでとは違いますし、操作が今までと異なる部分が多いようで難しく感じてしまいますね。

パスだけ見ても、パススピードが遅くて味方に通しづらく、思いがけないパスミスで敵の真正面にパスが飛んでいったりとなかなか思い通りに動いてくれません。

味方AIはパスカットなどはしてくれますが反応は遅く、プレスをかけたり裏抜けするような指示ができないため攻守共にプチパニック(笑)。

そこに動きのもっさり感も重なってしまい、思い描くプレーが出来ない状態ですね。

でも、この辺は少ししかプレーしていないので徐々に慣れていくものかなあとも感じています

そして、Twitterなどで皆さんの感想を見てみますと、以下の意見が特に多いようですね

■モッサリ、重い

■爽快感がない

■パススピード遅い

■スルーパスがズレる

■PS5では上記のストレスを感じにくい

■チュートリアルや操作練習モードがない

映像

個人的にはあまり大きくショックは受けた訳ではないのですが、こちらもなかなか騒然として炎上してました

■審判が地面にめり込んでる

■関節がおかしい方に曲がる

■手が相手の体を貫通する

■顔がホラー

ネット上で話題になったものですが、まあ確かにこの3人はそっくりさんを連れて来たかのようで…笑

勝手に命名すればこんな感じかなあ

【左】リトルロナウド

【中央】メッツ

【右】ばらん☆ラファエル

そして、観客席の方もたしかにたしかに…少し大変なことになっていますね…笑

今後の修正に期待しよう

なにかとウイイレファンから厳しい意見を受けてしまった、『eFOOTBALL』の新しい船出は大嵐で高い波に揉まれている状況ではありますが…

Twitterの『eFOOTBALL』公式アカウントではいち早く前向きな対応が公言されています!

ここは大いに期待しましょう!

スタートで派手にこけちゃったかもしれませんが、こっから巻き返して楽しい『ウイニングイレブン』、いいや進化した『eFOOTBALL』が僕らの元に戻ってくるはずです!

まずは、10月28日、そして11月!

最後に

賛否両論というか「否」が圧倒的に多かった『eFOOTBALL』なのですが、今後の5Gの普及も見据えた大きな改革の途中なんじゃないかなとも思っています。あくまでも淡い知識しかない私個人の淡い考えですけどね。

5Gワイヤレステクノロジーの進歩により、ほぼタイムラグゼロの超高速接続が実現するそうです。5Gの利点は以下の3つ

■超高速

■超低遅延

■多数同時接続

いままで「ウイイレ」でも苦悩してきた課題を解決してくれる項目そのものですよね!

大きな変化には、信じられないくらいの労力が必要だと思います。いつかは変わらなければならないわけで、そのチャレンジをリスペクトしつつ完成を心待ちにしたいと思います!

「ウイイレ」ファンの皆さんも是非一緒に!

スポンサーリンク
アーカイブ
スポンサーリンク